Slide background

今、お伝えしたいこと

CLT-top-img

「循環社会づくりによる地域再興シンポジウム」を開催しました

平成27年1月17日(土)13:00より会津若松ワシントンホテルにおいて政務官 小泉進次郎氏をお迎えしてシンポジウムを開催いたしました。
また、小泉政務官は、湯川村(定住促進住宅)、会津若松市(母の家)、CLT建築物であるアドリア北出丸カフェも視察されました。

CLT工法-top-img

優れた性能に惚れ込み、国内で初採用

木造で9階建ての建物を―これまで考えられなかった規模の木造建築物が、ヨーロッパではすでに誕生しています。それを可能にしたのが、従来の合板とは異なる〝木の塊〟のような大型集成材パネルを使う「CLT(クロス・ラミネーテッド・ティンバー)工法」です。私たちはこの工法に惚れ込み、アドリア北出丸カフェの構造材に国内で初採用しました。そして2014年秋に、県内企業と共同してCLTを用いた集合住宅の建設が竣工しています。

adoria-top-img

ものづくりへの想い、建物にも周囲にも

会津のシンボル鶴ヶ城のお堀端にあるこのカフェは――伝統の技と新しい技法を融合させて、つねに良いものをつくる。その建物とまちの人が、時間とともに深くつながっていく――。私たちのこんなものづくりへの想いを、最大限表現したものです。建設の際は、社員の発案でカフェの脇にあるバス停も一緒につくりました。周囲の景観との調和だけでなく、バスを待つ方が気持ちよくいられるようにしたかったと言います…。

話題の現場