福島県発注の市町村合併支援道路整備工事(橋梁工)の安全祈願祭が平成26年4月21日、
会津若松市神指町地内の現地で行われました。


当事業は、市町村合併をした会津若松市と旧北会津村の連携強化・交流促進を目的とし、事業展開されています。

当工事は株式会社フジタと当社(会津土建株式会社)の共同企業体で受注し、
新橋梁の橋脚工事を5基、特殊工法である「ニューマチックケーソン工法」で施工いたします。
安全祈願祭では、会津若松建設事務所・杉所長をはじめ関係者の皆様にご臨席を賜り、
工事の安全と早期完成を祈願しました。

当工事を発注者並びに地域の皆様のご協力のもと、
無事故・無災害で早期に完了できます様、 共同企業体一丸となって努力してまいります。

■工事名 市町村合併支援道路整備工事(橋梁工)
■工事場所 福島県会津若松市神指町大字北四合地内 仮称)阿賀川新橋梁(会津若松三島線)

グラフィックス1

写真:鍬(くわ)入れをする株式会社 フジタ 森 俊之 東北支店長(左)と当社取締役社長 菅家 洋一(右)