PICT1698-600x600

インフラ長寿命化技術
 
新しいコンクリートのひび割れ抑制技術
特許(第5270112号)
NETIS登録番号:TH-080005-VR
 
 
 
 
 

インフラ長寿命化技術
ND-WALL工法
新しいコンクリートのひび割れ抑制技術
特許(第5270112号)
NETIS登録番号:TH-080005-VR

本技術は、会津土建㈱、日本コンクリート技術㈱、北沢建設㈱の3社で2007年に共同開発
した「ND‐WALL工法」は、伸縮低減目地を設置することで躯体コンクリートの「ひび割れ」
を防ぐ新しい工法です。
壁状のコンクリート構造物では、底版コンクリートの拘束によって、壁部では温度ひび割れや
乾燥収縮ひび割れが発生しやすくなります。
「ND‐WALL工法」は、収縮低減目地を併用した先行壁体部を設けて底版の拘束を低減し、
壁部コンクリートのひび割れを抑制する技術です。